おぉぃ -なぜベストを(以下略)- 

ウ●ダじゃないけど、ベストを尽くしてみたい   *・゜゚・*:.。..。.:* *:.。. .。.:*・  ぽんたNEW / リンクNEW



★★最近の更新★★     身体と心(日記) *・゜゚・ 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本などの言葉
「人助けをすると、助けている人自身も健康になる可能性がある」

   『世界を変えよう!Me To We』

そうなんですよね、人助けってついつい「やってあげてる」感とか持ってしまいがちですけど。。。
確かに、ボランティア活動などを熱心にやっている人たちは「自分たちも楽しめる」「成長できる」って言ってられます。

この考えがもっと広まれば、「長生きしたいから人助けをしてみよう!」なんて人もいっぱい出てくるかもしれないってことですよね。
(2010/07)
スポンサーサイト

人から聞いた言葉
「自分がやりたいこと、出来ることをするのではなく現地のニーズにあった、求められる活動をする。」

 国際協力活動に携わる人が言っていた言葉。
 商店で商売の手伝いをしたとき、そこの店主さんが、自分の好みの店よりもその地域のためを思った店を作ったのを見て、気づいたそうです。

 後輩への教育ひとつにしてもそうなんだな、と気づかされました。
 ついつい自分の今までの知識の整理のために説明をしてしまいがちだけど、そうじゃなくて、後輩の目線に立って、今いうべきことを抽出して教えていきたい。
 そして一口にボランティア活動といっても押し付けになってはいけないわけで、相手のことを考えて相手にも自分にも楽しいことをしていかなければならないんだなと思いました。
(2010/9)




「 悩みすぎは注意!楽しむことも大切!
 ”失敗するかもしれないけど、やらせてください”と言ってみては?」


ある仕事を進めてて、行き詰ったときにかけてもらった、元気の出たことばです。

 たとえば、世界平和なんてあまりにも大きな夢すぎて、いろいろな人から「そんなもの無理」と言われる。
 そういう言葉に嫌気がさすことって、世界平和を夢みた人なら誰でもあるのではないかと思います。
 そんなときは真正面から言い返しても平行線になるだけ・・・

 「失敗してもいいからやりたい!」とつぶやけば、もう誰も何もいえないんじゃないかと思う。
どこかで読んだことがあるけど、世界平和は本当は誰もが望んでること・・・と。
(2010/7)



 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。