おぉぃ -なぜベストを(以下略)- 

ウ●ダじゃないけど、ベストを尽くしてみたい   *・゜゚・*:.。..。.:* *:.。. .。.:*・  ぽんたNEW / リンクNEW



★★最近の更新★★     身体と心(日記) *・゜゚・ 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文通プログラム
先日、フィリピンから手紙が届きました。
12才の男の子からです。
この子とは、「FREE THE CHILDREN」という団体の文通プログラムで文通しています。

この文通プログラムでは、一年間で12000円(だったかな?)の支援をすることになります。

文通をするための費用、というより、教育の支援のついでに文通ができる、という感じです。

一年間で、2~3回、手紙のやりとりができるというシステム。
私たちは日本の事務所に送り、そこからフィリピン(をはじめ支援国)に送ってくれるそう。
お互い本当の住所はわからないようになってます。



★★★★★

ちなみに私は筆ブショウで、お金は振り込んだはいいが何か月も手紙を送らなかったので、きっとこの子は「なんで手紙こないんだろう」とさびしい思いをしたことでしょう。。。

そして9月くらいに送り、その返事が今回届いた、というわけです。

私の支援金がどういうふうに役立ったのか気になるところですがそれはこの子に聞いても仕方ないのでスタッフさんがたに聞くとしよう。

この団体、フリー・ザ・チルドレンはカナダで12才の男の子が立ち上げた団体だそうで。
今となっては世界的にも大きな組織ということで、どこに寄付したらいいんだろうーと迷ってる方にはおススメだと私は思います。

まぁ詳しい紹介はまた後日、、、。

とりあえず手紙が返ってきたのが嬉しかった。
ただの寄付より、文通っていうオプションついてるほうが楽しいなと個人的には思った。
もちろん「そんな切手代があるのなら、、、」ていう意見の方もいるとは思いますが。

スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。