おぉぃ -なぜベストを(以下略)- 

ウ●ダじゃないけど、ベストを尽くしてみたい   *・゜゚・*:.。..。.:* *:.。. .。.:*・  ぽんたNEW / リンクNEW



★★最近の更新★★     身体と心(日記) *・゜゚・ 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄付は多いに越したことはないけれど
2011年3月11日の東日本大地震をうけ、国内のみならず他国からも寄付がたくさんきてるそうですね。

芸能人の中では最速?のレディー・ガガはじめ、多くの海外スター、各国政府・団体からの援助、寄付。

その中でも目をひいたがアフガニスタン カンダハル州からの400万円の寄付

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110314/dst11031400390010-n1.htm

http://news.ameba.jp/20110313-108/

国民の3分の2が毎日2ドル以下で生活、というのは今はじめて知った。
正直いってアフガニスタンについてそんなに知ってるわけじゃない。
なんとなく大変そうな気がする、という程度である。

だから本当に2ドル以下なのか、本当に400万が目をひく額なのか、ちゃんと調べたわけじゃないんですけど
でもカンダハル州の市長さんが言っていたという次の言葉が心に残っています。


「 日 本 の よ う な 国 に と っ て は 大 し た お 金 で な い こ と は 分 か っ て い る が 、 カ ン ダ ハ ル の 住 民 の 感 謝 の 印 だ」


私はついつい募金をするときなど、「こんな個人の少額を寄付することで何が変わるんだろう」とかまだまだちょっと思ってしまいます。

いや、ほんとは変化あるんですよね。

もしかして400万は日本が受け取った復興支援金の総額の中では0.01%にも満たないのかもしれませんが、でも多くの日本人の心にアフガニスタンからの気持ちが残るんだろうなと思います。

中には下心があるんじゃないかという人もいますけどね。
まぁあったとしてもいいじゃない。
というか私はうがった見方をするので、逆に「下心あると思われるかもしれないと思いつつも寄付するとは素晴らしいな」と思いました。

日本もアフガニスタンもそんなところまでうがった見方してないかもしれないですけどね
いいかげんもう少し素直な人間になりたいけどしょうがない。


ACのCMじゃないですけど、「"思い"は見えないけれど "思いやり"は誰にでも見える」ってのをアフガニスタンのカンダハル州に改めて教えてもらいました。
気持ちは少しでも行動にあらわすことが大事なんですね。



スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。