おぉぃ -なぜベストを(以下略)- 

ウ●ダじゃないけど、ベストを尽くしてみたい   *・゜゚・*:.。..。.:* *:.。. .。.:*・  ぽんたNEW / リンクNEW



★★最近の更新★★     身体と心(日記) *・゜゚・ 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こっそり作詞公開 1
「にじゅういっかいめのはる」
作詞:ponda


何もないよ 泣くような辛さも痛みも最近
全部手にいれた ときのような幸せだけ

はじめて気づいたこの世界の広さとか
十で知ったこの世の流れの速さ
震えて踏み出していくこの足でしか
核の下の平和なみちは歩けない

イルカに生まれたなら いまより
賢く悟れていたのか
神はどんな使命を我らにあたえたんだろう
だなんて思うこともなさそうだ

焦りまわりの波に乗って泳ぐこともできず
狂い追い続けられるほどの夢はまだない

傷つきやすい年ごろの人間じゃないけれど
人を蹴って這い上がれる度胸もない
先のない絶望より先のある不安抱え
生きていくくらいならと ふとよぎっても

暗い炎の中でも肺ひろげ
誰かは しがみついたのに
生き急いで重荷をおろして
眠りを選んだ彼を誰も
責めなかったけど

あまりによく働く 鍛えられた脳
明日の欲望 満たすことだけに
使えればいい




五月病(?)みたいな感じでホンマに鬱やったときに作りました。
いつも歌詞書くときはだいたい見本みたいな曲のメロディにあわせてるんですけど、これは、宇多田ヒカルが歌ってた「I LOVE YOU」(尾崎豊のカバー)のメロデイにあわせました。


まぁ、こんな感じで、時々作詞とかして気分を落ち着かせています。
スポンサーサイト

コメント

5月にさよなら
6月にこんにちわ
お互い憂鬱から脱出できたらいいね

しかし作詞家PONDAなかなか素晴らしい才能ですね!!
最後の方の歌詞

>暗い炎の中でも肺ひろげ
>誰かは しがみついたのに
      (略)

辺りの意味わからんかたからよかったらまた解説してください

ああ、ごめんよ。
いや、まるでそれ以前のところは理解できてる感じの君がすごいねえ(笑)

最後のとこは火事の中でも生き延びようとする人(※知らない人)をイメージしたのですが・・・。

君も書いてミソ。

>人を蹴って這い上がれる度胸もない
>先のない絶望より先のある不安抱え
カイジみたいやな!

うん★

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pontaponda.blog35.fc2.com/tb.php/120-09045624

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。